「もっと手軽に持ち運びたい―」
「どこへでも持参して練習したい―」
お客様のご要望を受けて、弓太郎が更なる進化を遂げました。

「分解できる弓太郎」、どこにでもご携帯ください!

スクロールしてください

 

発売のお知らせ

本弓に迫る画期的ゴム弓「弓太郎」の発売開始から4年。
幾多の改良を重ねてきた「弓太郎」のラインナップに、「分解できる弓太郎」が加わります。

発売日

2014年12月20日

標準小売価格

15,000円(税別・送料込)

全体像と仕様

商品構成

以下の3パーツを嵌め合わせて組み立てます(組み立て方はこちら)。

  • 上外竹(長いほうの反り竹)
  • 本体部(握り部と内竹が一体となった中央部)
  • 下外竹(短いほうの反り竹)

※別途、専用袋付き。

弓丈

  • 組み立て時: 約140cm(これまでの弓太郎と同じ)
  • 分解収納時: 約70cm

弓力

6kg±0.5kg(これまでの6kg用替弦を使用した場合)
※出荷時に取り付けられている弦は新5㎏弦となります

従来品との比較

  分解できる弓太郎 特作 上作
分解収納 不可 不可
出荷時 取付済み弦 新5kg弦 新6kg弦 新5kg弦
使用可能弦 新5kg弦
新6kg弦
旧6kg弦
新5kg弦
新6kg弦
旧6kg弦
7.5kg弦
新5kg弦
新6kg弦
旧6kg弦
価格
※税別・送料込
15,000円 14,000円 13,000円

組立方法

本体部に外竹の元部を差し込み嵌め合せ、留めテープで巻き留めれば出来上がります。

※わかり易く組み立てられるように、各パーツの組み合わせ部分には「上」「下」、留めテープの位置といった目印が印字されていますので、これを目安にして組み立てを進めてください。

【組み立ての流れ】

  1. 本体中央部の端(上下2箇所)にある籐紐の枠に、外竹の元部先端を差し込みます。
    この際、本体と外竹それぞれに「上」には「上」、「下」には「下」と、目印の表示を合わせるようにして、パーツを揃えてください。
  2. 外竹の元部を本体にある籐紐の枠に差し込みます。その際、中板から出た突起部を避けるようにしながら差し込み、同時に嵌め穴を突起部に収めて重ねます。(上下とも同じ)
  3. 外竹の元部が本体に嵌め込まれたら、内竹の先にある留めテープで内竹と外竹を巻き留めます。
    この際、上下の留めテープは、それぞれ内竹先端の内面に印字してある「留めテープの位置」の表示までスライドさせてから巻き留めてください。

【留めテープの巻き付けに際して】 ※写真参照

  • 留めテープの表示は、本体内面の表示と同じ向きに揃えて印字されています。
    テープがその位置(文字の向きが揃う位置)にあれば、下記の通り正しい巻き付けが出来ます。
  • 「上」のテープと「下」のテープでは、巻き付け方向がそれぞれ逆になっていますのでご注意ください。(内・外竹のズレを効果的に抑えるためです)
  • 巻き留める時には、テープの印字上に直接外竹を重ねるようにして、テープの残り部分をそのまま巻き付ければ、正しい巻き留めとなります。
【組み立ての流れ】1~2
【組み立ての流れ】3

分解方法

組み立て時の嵌め合わせと逆の処置を行います。
上外竹も下外竹も同様に処置してください。

【分解の流れ】

  1. 内竹先のマジックテープを解きほぐし、外竹を解放します。
  2. 竹の元部にある嵌め穴を、突起部から外すように起こします。
    (極端に起こしすぎると籐紐を傷めます。)
  3. 外竹の元部を籐紐の枠から抜き取ってください。
【分解の流れ】1~3

収納方法

上下の外竹を分離させた後、
3つのパーツを重ねて小さく収納します。

【収納の流れ】

  1. 上外竹(長いほう)の下(曲がりの内側)に、下外竹を重ねて揃えます。(上下のを弭を揃えて、両外竹の反りを合わせてください。)
  2. 重ねた上下の外竹のゴム側先端にゴム弦を小さく巻き付けます。
  3. ゴム弦で巻きそろえた上下の外竹を、本体内竹の内面側に突き合わせます。
  4. 内竹先の留めテープを適切な位置にスライドさせ、突き合わせた外竹を巻き束ねます。(上下2か所)
  5. 袋の形状に合わせて収納します。(袋先端の外形は外竹の曲線に合わせてあります。)
【収納の流れ】1 ※実際の商品には上下の目印が印字されています。
【収納の流れ】2~5

ご注文・お問い合わせ

「分解できる弓太郎」は、以下の3通りの方法からご注文いただけます。
お問い合わせに関しては、Eメール、もしくはお電話にて承っております。